腰痛の分類について西尾市の整体院がお答えします

2018年09月12日

そもそも「腰痛」とは?

 読んで字のごとく、「腰痛」とは「腰」の「痛み」です。

しかし、何故、腰が痛いのかご存知ですか?

同じ腰でも、腰のどこ?原因は何?原因って、内科的な理由?年齢?骨?筋肉?神経?・・・・

様々な要因が絡み合って「腰痛」を引き起こします。

<腰痛の種類>

腰痛を分類すると、まず大きくは「腰が原因のもの」「腰以外が原因のもの」に大きく分類されます。

 

>「腰が原因のもの」

①急性腰痛症 (いわいる、ぎっくり腰)

②腰部椎間板ヘルニア 

③脊柱管狭窄症

④すべり症 または 分離すべり症

⑤腰部椎間板症 または 腰部椎間板障害

⑤変形性脊柱症

⑥腰椎圧迫骨折

⑦感染性の脊髄炎

⑧腰部腫瘍 (ガン)

※⑨筋・筋膜性腰痛 (単に腰痛症とする場合もある)

これら8種類近くがあります(詳細に分類するともっと多いけど)

 

>「腰が原因でないもの」

①心身性腰痛

※②筋・筋膜性腰痛(単に腰痛症とする場合もある)

※腰痛症は、原因不明とされる腰部の痛みことです。

 

これらにザックリ分類されます。

 

実は問題なのが、これらの比率にあります。

※筋・筋膜性腰痛は腰痛全体の8割であることが分かっています。

また2割の腰痛にも、2次的に筋・筋膜性腰痛を発症することが多いことも分かっています。

 

どこに行っても治らない。

整形外科でも、鎮痛剤やシップにか処方されない人の大部分がこの「筋・筋膜性腰痛」です。

 

 

 

では視点を変えて

 

田舎の農家の おばーちゃん を想像してください。

・とても小柄で・・

・腰が大きく曲がって・・

そうご高齢で、とても腰が曲がっている人見た事ありませんか?

老人性円背といわれるものですが、これらの人をMRI画像検査をすると、腰の状態がトンでもないことが分かります。

圧迫骨折を繰り返し起こしている。

腰部の椎間板が完全につぶれている。

なのに・・・・・

大して腰に痛みを感じていないんです。

どうしてか?

不明です。不明なんです。

病理学的には、圧迫骨折や椎間板障害で神経を圧迫していれば、当然とんでもなく痛いはずなんです。

 

そうすると・・ヘルニアで神経を圧迫しても痛くないこともあるのでは?

そう思う人いませんか?

正解!居るんです。

 

多くの病名がしっかりした、病理学的に付いた病名の人でも

全員が全員、手術にはなりません。

痛みがなかったり、他の症状が出ていなければ手術にはなりません。病名が付いても、実際に手術にまで移行するのは全体の2割だけなのです。

その為、腰痛患者様の中には「整形外科でヘルニアって言われたことがある」という人も多くいる状態です。

そのまま、クスリを長々飲み続け、漫然とリハビリの続けることになるのは、病名が付いても生活に支障がなければ問題なし!といった考えがあるためです。

 

本当に辛いですよね。

 

病理病名が付いても8割の手術をしないでいる人、真の痛みの原因て別にあるのでは?

 

これが前段の⑨番 「筋・筋膜性腰痛」を2次的に発症している状態と分類でき

直接腰が原因となるもの、腰以外が原因になるものの両方に分類される理油なんです。

 

ここまで来てお気づきですね。

 

そう!腰の痛みの原因は9割近くがこの「筋・筋膜性腰痛」だと考えて問題ないんです。

 

 

次回この「筋・筋膜性腰痛」について、原因、治療法、予防法などなど書いていきます。

早く知りたい!どうやって治療してくれるのは下記飛んでください。

https://nishioshi-seitai.com/wp/koshi/

最後までお読みくださいありがとうございました。

西尾市 へいさか整体院 院長 佐藤 達人です。

2018年09月5日

西尾市で「へいさか整体院 へいさか接骨院併設」の院長をしています。

佐藤達人(サトウ タツト)です。

本日はブログへの訪問、ありがとうございます。

また、ブログを書きなれていませんので、私の自己紹介をさせていただきます。

1971年生 12月17日生まれ いて座 血液型AB型

愛知県豊川市で幼少期を過ごす。

地域で喜ばれる接骨院を目指し、国家試験「柔道整復師」を取得後

名古屋にある有名接骨院で3年間の修行に入る。

超が付くような、過酷な修行期でした・・・・帰りの電車の吊革まで手が上がらない・・・

そんな3年後、豊川市で接骨院を開業!!

順調に患者さんも増え、少しは有名になれた10年後

なぜか、ここ西尾市に移転することに!

理由は奥さんの実家が西尾市にある事、自宅併設の整体院であること

子供が生まれて間もないこと、等々、よくある話で、ここ西尾市に移転しました。

すでに3年目に入り、やっと軌道にのった整体院併設接骨院の院長が、私、佐藤達人(たつと)です。

 

私が接骨院を開業しようと思った理由は・・・

 

私が昔から腰痛持ちで、チョイチョイ接骨院で治療を受けた経験があり、なんとなく接骨院ていいな~っと思っていたから。

また、その腰痛を放置していた結果、ヘルニアになり、手術を受けることになったためです。

そう、患者さんのお気持ちが分かるんです。腰痛って辛いですよね。手術ってイヤですよね。だいたいクスリって飲みたくないですよね。

世の中、こんな腰痛持ちの、いっぱい要るんだろうな~何とかしよう!!って思い立って「接骨院」となったわけです。

ちなみに現在は腰痛は、ほぼ完治しています。

疲れてくると少し痛いな~と思う程度でいます。

 

趣味

最近釣りしてます。海が近いこともあり、子供と遊べることはないかなと考え、釣りを始めました。

また、サビキ釣りだったり、ハゼ釣りがメインですが、面白いですよ。

患者さんで、釣り好きな人、いろいろ教えてもらったりしています。感謝です。

薪割りも趣味みたいな感じで楽しんでます。

自宅に薪ストーブがあるんです。冬の仕事は、まず薪ストーブに火を入れることから始まります。

一日中、ストーブに火が付いていて、凄く暖かいです。

冬の夜間でも、半袖、半ズボンで過ごせます。朝起きても、種火のような小さな火が残ったままでから、寒くて目が覚めることはありません。

 

以上簡単な自己紹介でした。

これから、続々、患者様にとって有意義な情報を発信していきます。

楽しみにしていてください。

Hello world!

2016年08月8日

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !